リフォームローンの審査内容は?通りやすい銀行はどこ?

残念なことにリフォームローンに落ちた人はその原因を丁寧に分析することが大切です。

考えられる要因として借入希望金額が収入に対して高額すぎたのかもしれません。

あるいは、勤続年数や雇用形態(正社員・契約社員など)に問題があった可能性もあります。

例えばマイカーローンの返済中であるなどカードローンの利用状況というのは、融資の可否について大きな要因となります。

これらを整理することがまずは求められます。

おすすめのリフォームローンを探すには ランキングサイトを参照するのが良いでしょう。

とはいえ、住宅事情というものは人それぞれで異なりますので一概にネット情報だけに頼るのはいけません。

何はともあれ、今の住宅で改善したい箇所を家族で洗い出し、リフォームかかる料金を算出し条件に合致するリフォームローンを見つけましょう。

費用が高額になるようであれば有担保型ローンが低金利のためおすすめですが、低額で収まりそうであれば小回りが利く無担保型ローンが良いでしょう。

中古住宅の購入と併せてリフォームを計画されている方は一体型のリフォームローンを利用することで、金利を抑えることが可能です。

新生銀行グループのアプラスのリフォームローンはTポイントが貯めている人におすすめです。

申込条件には、20歳以上かつ65歳未満の安定収入がある人で返済回数は最長で84回(7年)、融資可能額は10万円以上300万円以内という大変ライトなローンになっています。

金利に関しましては7.20%から14.40%という少々高めの設定になっています。

インターネットでの申し込みが可能なことや担保・保証人が必要ありませんので小規模なリフォームでの利用が適しています。

シミュレーションは条件等詳細に設定することができるため、一度、HPをご覧になって見てはいかがでしょうか。

リフォームローンの金利に関してですが金融機関によって様々です。

低い金利は1%台からありますが、高い金利は15%に近い金融機関もあります。

金利体系は2種類あり変動金利と呼ばれるものと固定金利と呼ばれるものがあります。

変動金利には金利が低いメリットがあるのですが、景気の変動に連動して金利が高くなるリスクがあります。

その点、固定金利であれば完済まで金利が変わることのない安心感はありますが、金利が高いというデメリットに加え、相場が下がっても高い金利で返済し続けなければいけないといったリスクもあります。

リフォームローンが余った場合、借り入れた金融機関に返金する必要はあるのでしょうか?融資金額は一般的に見積書などで算出されますので余るケースはあまりないのですが架空請求してしまったみたいで落ち着かないですよね。

一方で、建設業界では追加費用が発生しないように事前に上乗せ融資を勧めるといった業者もいます。

追加融資が難しい金融機関では、いくらか多めに上乗せ融資をしたらどうかと勧めてくることがあるようです。

融資を受けたのにリフォームをしなかったという事でもない限り、最終的に完済されれば問題はありませんし、そのまま放置していても構わないようですが余剰分が気になるという人は繰り上げ返済をしておくことをおすすめします。

リフォームローンの一体型とはどういったものかご存知ですか?平たく言うと住宅ローンとリフォームローンがセットになったローンです。

中古の住宅を購入し、その後リノベーションを計画しているのであれば一体型ローンがだんぜんおすすめです。

リフォームローンは住宅ローンと比べて高金利なので1本化することでリフォームも低金利が適用されるメリットがあるからです。

但し、注意点としてローンの事前審査でリフォームの見積書が必要になったり、申込の際には工事請負契約書が必要になることがあります。

ですから、物件探しと同時にリフォームの業者さんも探さなければいけません。

楽天のリフォームローンにはフラット35(リフォーム一体型)といった商品があります。

リフォーム工事資金と住宅購入資金とを合わせ一つのローンでまとめて融資を受けられる商品です。

2016年10月からは新しく【フラット35】リノベという商品が発売されました。

【フラット35(リフォーム一体型)】と何が違うかというと0.6%の金利引き下げが受けられることになります。

注意点しなければいけないことは、工事前に適合している基準は対象とならないことやフラット35Sとの併用は不可などがあげられます。

リフォームを考えている方へ、リフォームローン減税について紹介します。

リフォームローン減税というものは住宅ローンを利用してリフォームを行う場合に対象になります。

減税の対象となるリフォーム工事には何でも対象になるというわけではなくいくつか条件があります。

減税の対象となるリフォーム工事は耐震改修やバリアフリー、省エネ工事などで100万円を超える場合にやっと適用されるというものです。

利用者に関しても要件があり年収3000万円以下かつ、返済期間は10年以上、また工事完了から6ヶ月以内に本人が居住することなどが条件として定められています。

しかも減税は自己申告制になっているので、入居した翌年に確定申告をする必要があります。

オリコのリフォームローンはWebリフォームローン仮受付がかなり便利です。

来店不要でパソコンから申し込みができ審査も最短で2日という速さなので銀行へ出向く必要性がありませんね。

オリコのリフォームローンは完済完了まで固定金利が適用されることになりますが、保証人、担保、保証料などが一切不要なのが特徴的です。

オリコのリフォームローンは、改修工事やリフォームに限らず太陽光発電の設置工事などにも利用することが可能です。

申込時の注意点としてWeb仮受付の申し込みにはオリコとの提携販売会社やリフォーム会社との契約が必要であり、販売店のコードもしくはIDを入力しなければなりませんのでご留意ください。

リフォームを行うにあたって必要となってくるのがリフォームローンの頭金です。

その料金はリフォーム業者によって対応が異なります。

工事に取り掛かる前に頭金を用意して下さいと言う業者もいますし工事完了後に一括払いという業者もいます。

金額も業者によってかなり違いますので複数の業者からあいみつを撮ったほうがいいです。

通常、頭金に必要な費用は工事費用の1から2割程度が一般的ですが、最初に勝手に見積もりを出し資材費を請求してくるような業者もいます。

リフォーム業者選びを失敗しないためには事前に契約内容を必ず確認して、契約締結前に代金を請求するような業者を選んでいけません。

リフォームローンを組むことになった場合。

いくら借りられるかというのは、工事をする上で最も大切なことと言えます。

でも、住宅ローンと比較して借入限度額はわずか1/10です。

リフォームローンで融資してもらえる最大金額は500万円から1000万円という商品が一般的です。

しかし、リフォームローンの金利は2%から5%という高金利で、返済期間は最長でも10年から15年ですので、借入金額がある程度抑えられていないと、返済額がかなり大きくなってしまうのです。

返済に無理のない借入額をきちんとシミュレーションすることがローン組む上で重要です。

なるべく低金利でリフォームローンを借りるには担保型のローンを選ぶと良いでしょう。

リフォームローンには大別して担保形と無担保型があるのですが金利相場はもちろんのこと、借入期間や借入可能額などにも違いがあります。

無担保型の場合、借入期間は最長で10年から15年となっており、借入れ可能な上限金額は500万円から1000万円となっていますが、担保型は期間は最長35年で上限金額は1000万円から1億円になり長期的なローンを組むことが可能となります。

金利に関しては長期借入の方が低金利になりますから無担保型は最大約5%に対し担保型最大約2%の低金利になります。

その上、貸付金利タイプでも差があって固定金利と変動金利では変動金利の方が低金利です。

納得できるリフォームローンの選び方というのは金利だけに固執するのはNGということです。

借入れ可能な期間や上限金額や担保、保証人が必要かどうかも大きな要素となります。

団信の加入可否や事務手数料などの諸費用も比較要件となります。

建材会社には自社の商品を使ってリフォームすることで金利0%かつ無担保ローンというのを提供してくれる会社もあるのです。

リフォームローンはとかく種類が多いので探すのが大変と言う人はリフォーム会社に相談してみると良いでしょう。

アルヒのリフォームローンについて紹介します。

アルヒのリフォームローンは申込資格には、満20歳以上65歳未満と規定されています。

融資の金額は50万円以上1 000万円以内とされており、返済回数は12回から420回となっており、住宅ローン並みに長期のローンを組むことができます。

そのため契約を結ぶには連帯保証人が必須になり、融資の合計金額が500万円を超える場合は抵当権も設定されることになりますので、団信保険を付けるプランを利用することもできます。

利率は変動金利型となっており、年に2回(4月1日と10月1日に貸付金利の見直し)の長期プライムレート(基準金利)を3か月後の口座振替から適用になります。

商品タイプはAプラン、Bプランの2種類があり、それぞれに基準金利と事務手数料が異なります。

知っていましたか?リフォームローンの金利相場は市場金利に応じて上がったり下がったりします。

担保の有無によっても金利が変動し最近の相場は有担保型なら1から2%、無担保型なら2から5%となっています。

金利タイプは2種類に分けられ変動金利型というものと固定金利型というものがあります。

変動金利型は市場金利に伴い6か月ごとに金利が更新されるというローンで固定金利型は市場金利の変化に関係なく、金利は一定のローンです。

さらに固定金利型には完済するまで一定の金利が継続される長期固定金利型と指定した期間内だけ固定金利になり満了するごとに長期型か変動型する固定金利選択型があります。

参考:リフォームローン金利比較ランキング!【審査通りやすい銀行は?】