お金を借りたいときにプロミスやアコムを検討してみた話

消費者金融のプロミスのキャッシングの審査というのは比較的審査に通りやすいとされているので審査に落ちる人には、なんらかの原因があると思います。

過去に自己破産や返済が遅延させた事がある人は要注意人物としてマークされ、承認が下りない可能性があります。

また、消費者金融プロミスには貸金業法に基づいた総量規制が定められており年収の三分の一を超える借り入れは不可という規則に引っかかっている可能性もあります。

つまり、年収300万円の人は100万円までということになりますが、すでに50万円の借金がある場合は新規では50万円が限度額ということになるのです。

又、複数の金融業者から借り入れがある人は多重債務者と言って、どの消費者金融でも審査が厳しくなるのは言うまでもありません。

消費者金融は貸金業という法律によって規制されているため銀行法とは異なります。

貸金業法と銀行法の一番大きな違いは貸金業法には総量規制があることです。

総量規制は年収の1/3を超える融資を禁止するものでこの規制によって、利用者の借り過ぎを抑止する効果を目的としています。

従って、収入がゼロの専業主婦は消費者金融を利用しようと思っても仮審査の時点で却下されてしまいます。

その一方で、銀行は銀行法によって規制されているため総量規制はありません。

プロミスのカードローンの新規申込の方法はいくつかあり一般的には、郵送、電話、インターネットといった申し込み方法があります。

郵送の場合は、まず申込書を入手して必要事項を記入した後に返送して審査結果を待ちます。

問題無く審査に合格しましたら、本人確認証明書や取引口座などの必要資料のコピーを同封して送ると契約手続きが行われて、ローンカードが郵送されてきます。

ちなみに、パソコンやスマホからの申し込みの場合ローン会社のサイトにある申込フォームに入力して送信するだけでOKです。

審査通過メールが届き次第、記載されているサイトへアクセスして必要書類をスマホ等で撮影してアップロードすれば審査が完結する「web完結」が最近のカードローン申請の主流です。

消費者金融と言うとサラ金や街金が連想され暗い、怖いというイメージを持つ人が多いです。

バブル崩壊期は暴力的な取り立てや自宅や会社へ押しかけて取り立てるといった行為が横行していました。

現在は、法律が改正され銀行の傘下に入る企業が多くなりましたのでブラック企業のイメージは改善されつつあります。

最近では、テレビCMに人気タレントを起用するなど借金を感じさせない爽やかな内容でイメージアップに成功しています。

一方で内容がイメージ戦略に偏りすぎているCMも多く何のCMだか全然分からないという声聞こえてきます。

人気が高い金融機関の評価ポイントは低金利で審査が早いといった理由があげられます。

ですが、消費者金融は総量規制があるのでサービス内容で他社との違いを出すのは難しく限度額も借り手によって異なるので、評価の要因にはなり得ません。

人気ランキング上位のデータを見比べてみてもどの消費者金融も審査時間は最短30分、融資されるまで最短60分、最大金利は18.0%程度なので大きな差はありません。

諸条件よりも、手続きが簡単であるかや自動契約機があることや提携ATMが多いことのほうが評価されるポイントになっています。

又、テレビなどのCMに起用されているタレントさんのイメージやCM通して伝わってくる企業イメージも評価を左右するポイントとなっているでしょう。

近頃の消費者金融といえば法律の改正やCMでのイメージアップ効果によってブラックというイメージが払拭されつつありますね。

最近では就職先としての人気高いようなので消費者金融業界の仕事内容や労働条件を紹介しましょう。

まず業務内容についてですが債務者の個人データをパソコンに入力し、返済が遅延している人に対し電話やメールで督促のお知らせを通知します。

就職に際して必ずしも取得しておくべき資格はありませんが責任者に昇格するには貸金業務取扱主任者の資格を取得する必要があります。

年収についてですが大卒の初任給で20から30万円程度でとされておりノルマ達成するなど成果を上げればボーナスという形で評価されます。

消費者金融プロミスのキャッシングと銀行カードローンは似て非なるものです。

それぞれ、メリットデメリットがあるので比較してみることにします。

参考:プロミス借りたらヤバい?お金借りるには【借りた私の口コミ】

消費者金融プロミスのメリットはずばり審査時間が早いといったことなどがありますが銀行カードローンと比較した場合金利が高いことや、借入限度額が低いというデメリットもあります。

銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法という法律によって規制されているのですが貸金業法には総量規制があります。

これは、借金の増えすぎを止めるために設定された規制で借り手の年収の1/3を超えてはいけないというものです。

ただし、住宅ローンやマイカーローンのような担保があるローンは除外されプロミスのカードローンやプロミスのキャッシングのように、無担保のローンにだけ適用されます。

お金を融通してもらう方法としてカードローンがありますがプロミスのカードローンには銀行のものと消費者金融のものと2種類があります。

銀行カードローンのメリットはなんといっても金利が低く、貸出限度額も大きいのですが審査が厳しいので、属性が高い人におすすめのプロミスのカードローンです。

一方、消費者金融のプロミスのキャッシングは利息が高めで、最大貸出限度額も低く、借りる人の収入や借入れ状況によっても限度額に差がでます。

そのため、消費者金融のプロミスのキャッシングの方が銀行カードローンよりもデメリットが多いように思えますが、銀行カードローンと比べると消費者金融プロミスのキャッシングの方が比較的審査に通りやすいので属性に自信が無い方にもおすすめできます。

審査から結果の通知も早く、即日融資も可能なので急いで借りたい!手っ取り早く借りたい!という人におすすめします。

消費者金融プロミスの借入れ条件やデータというものはインターネットのランキングサイトを見れば一覧することができます。

消費者金融プロミス業者ごとにまとめて紹介しているランキングサイトもあれば一覧表で見やすくしてくれているランキングサイトもあります。

個々の消費者金融についてのお勧めポイントを掲載してくれているサイトもあるので消費者金融プロミスを初めて利用するという人でも、簡単に比較することができるのでとても便利です。

さらに公式サイトへのリンクを貼っているすぐに行けるようになっていたりするので比較したらすぐに申し込みの手続きをすることができるのです。

また、ランキングサイトの中には、審査に申し込む時の記入方法がわかりやすく記載されていたり、審査に通るためのコツなどを教えてくれるサイトもありますので、是非ご利用ください。

消費者金融のプロミスのキャッシングの利点はやはり簡単に借り入れることができ好きな時にATMで返済できるので借金をしている感覚を感じさせないほど手軽に利用することができます。

カードローンは使い方によっては非常に便利なものなのですが住宅ローンなどといった融資額が大きいローン組めなくなることが心配されます。

住宅ローンは長期に渡って返済していくローンですからローンを組む人は金銭的に安定していることが第一条件となるのです。

プロミスのカードローンを利用し続けている人は常に借り入れをしていると判断され事前審査の段階で落とされてしまう確率が大きいのです。

返済済みであってもローンカードを所持しているだけで審査は不利になりますから住宅ローンを組むことになった場合、カードローンは解約しておいたほうが無難です。